初めて腰の痛みを感じ始めたのは大学2年生の20歳ごろでした。すぐにヘルニアではと思い名医と評判の病院に通ったのですが、原因はなかなかわらかないままでした。しかし、そのまま半年ほど経ち次第に原因がわかってきました。私は大学の部活で野球部に所属していたのですが、練習の後痛みの症状がよく出ていました。そのことを接骨院の先生に説明すると、右投げなので、腰を右に捻る運動が癖になり、腰の筋肉が背骨に当たることで痛みが発生するということでした。
接骨院に通い続けてもなかなか解消されず、痛みと共に生きていく日々でした。その中で、色々な方法を試してみました。

 

まずは、テニスボールで腰の筋肉をほぐす方法です。運動後に腰の筋肉をほくし痛みを和らげようとしましたが、あまり効き目はなかったように思います。
次に、ゴルフボールを使った方法です。テニスボールと同様に、運動後に腰の筋肉をほぐしました。テニスボールに比べて硬いので、ゴルフボールの方は痛みが和らいだと思います。

 

次に股関節を伸ばして柔らかくする方法です。股関節の筋肉は腰の筋肉につながっているらしく、股関節の筋肉を柔らかくする事で、腰の痛みが和らぐというものでした。しかし、なかなか効果はでず、この方法も微妙でした。
最後に最も効果のあった方法ですが、それは針治療です。症状が出て1年ほど経ったとき、地元の接骨院にセカンドオピニオンで受診しました。そこで、これまでの経緯を説明し、治療してもらいました。針治療で、腰の痛む部分に針を刺されると全身が熱くなるよな感じでした。その時はとても痛みましたが、日を追うごとにその痛みは弱くなり、最後はとても楽になりました。

 

今でも腰が痛くなると地元の接骨院で針治療をしてもらうのですが、針が上手く刺さる時とそうでない時とがあるので、針治療をすれば100%楽になるという事ではないですが、これまで試した腰痛で悩んで対策では1番効果がありました。皆さんも是非試してみてください。

PR|ダイエットチャレンジ100日|SEOアクセスアップ相互リンク集|内職 アルバイト|AGAでお悩み解決|英語上達の秘訣|健康に役立つ口コミ情報|クレジットカードの即日発行じゃけん|英語上達の秘訣|お小遣いNET|エステサロンを上手に利用する情報サイト|お家の見直ししま専科|生命保険の口コミ.COM|英会話ノウハウ勉強会